サファイアの最安値!

手持ちのWAHOOの心拍計TICKRとBluetoothでペアリングして、ANT+方式の初代AMBITやFR910XTなどと同時に表示することも出来ました。見た目は大きいですがとても軽いです。英語が分からない者としては英語表示は敷居が高く感じてしまいますが、日本語の説明書が付属しているので少しづつ慣れていけると思います。

下記の商品です♪

2017年03月10日 ランキング上位商品↑

サファイアあす楽 (国内正規品) スント アンビット3 ピーク サファイア HR 心拍ベルト付モデル SUUNTO AMBIT3 Peak SAPPHIRE HR SS0

詳しくはこちら b y 楽 天

スントt6からの乗り換えです。T3Dは樹脂ガラスなのですぐに傷だらけでしたが!今回はサファイヤガラスなので綺麗なまま使えそうです。正規品で日本語説明書が付いていて!お値段的にもいい買い物ができたと思います。心拍計もすごく小さく問題ないですね(^^)時計はやはり厚みがあって重量感はあります・・。通勤でロードバイクを使用しているので、早速使いたいと思います(^^)一目惚れで購入しました。通知が日本語で読めるのも、データ表示項目をスマホアプリで設定してエクササイズも含めて即同期できるのも想像以上に便利。なかなか使い方が難しいけれど、何とか使いこなしたいと思います。電源につなぐと30分ほどで95%まで回復しました。たぶん使っていくうちに慣れてくると思います(^_^)とても楽しみです!。これほどタフなものは初めてです。実際使うと使いやすいですこれから、たくさん使って機能をこなしていきたいと思います☆いろいろなランニングウオッチ等を使ってましたがどれよりもまずカッコイイ!性能などはこれからですが抜群のスペックだと説明書を見るだけでもわかります!トレイルランニングに使用します!ようやく手に入れる事ができました。今はGarmin ConnectとMovescountはどちらもStravaに自動転送が可能で!毎回違うデバイスを使用してもデータがそちらに蓄積されて統合出来ます。GPSウォッチを初めて購入しました。Android対応になる機会にと購入しました。GPSを200時間使える設定はiPhoneのロガー(FieldAccess)に比べるとかなり粗くなります。ずっしり感ありますが普段使いでもオシャレでいいと思います。GPSの測位感覚を長くして!200時間のトラッキングを可能にしたり!Bluetooth連携でMac/PCと同期させずにMovescountへのアップロードやAMBIT3の設定を変えるなど!登山において長期の縦走をする人にとってはさらに使いやすくなっています。時刻も瞬時に補正されるので問題は解消しますが余計な一手間です。その間iPhone6とBLEでほぼつなぎっ放しで同期を頻繁に行い!GPS心拍計使用のランニングが6時間。表示されるデータは細かいので!アプリの性能は充分以上だと思います。日本語マニュアルやサポートセンターも丁寧で好印象、まだ使い始めて1週間くらいですがとても満足しています。Apple Watchとは異分野で競合しますが!デザインと存在感で圧倒的にAMBIT3!やはり高くてもSAPPHIREがかっこいい。他には不満は特にありません。厚みは初代の18.1mmに対しては17mmと微妙な差で、SPORT SAPPHIREの14.4mmに比べるとぼってりしていますが、カタログ値でバッテリーライフが倍以上違うのと気圧センサーの有無を考慮してこちらにしました。まあ測定頻度の代償なので仕方ありませんが。1日で数秒進むという今時では寂しい性能です。普段にも使えて一石二鳥です。性能が優秀な分!結構複雑なので説明書は必需品だと思います。使い勝手の良い操作体系はそのまま!レスポンスやGPS捕捉のスピードが相当速くなっています。ただ…まだ対応されてなくて残念。運動の計測、表示、保存出来るのが面白いですが、使えるアプリがMovescountだけなのはちょっと寂しいように感じます。それでも個人的にはこのデザインだけでも十分いい買い物をしたと思います。iPhoneと連動し!サマリー管理ができて重宝しています。時刻のずれはどうしても出てしまいますが!思っていたよりかはマシでした。−追加−後日、日本語対応のアップデートの案内が来たので、アップデートを行ったところ時計本体の日本語表示が可能になり分かりやすくなりました。デザインや質感もより洗練されて満足です。アンビット3はまだ使い始めたばかりですが!アンビット2の不満を挙げるとすると!短い期間で時計が狂いやすいように感じます。AMBIT1からの買い換えです。使う時には一度GPSを働かせるために現在地を計測することにしました。唯一ビミョーなのが漢字表示できないためiPhoneからの通知表示が文字化けして内容が分からないことです。また、デザインもさらに洗練されたため、普段使いでも活躍しそうです。それも含めて楽しめる人でないとただ精度の悪い時計として使うことになりかねません。初代と共通する欠点を先に挙げると、■バックライトの右下ボタンがメニューによっては他の機能に割り当てられているので戻らないと点灯できないことがある■エクササイズ中にFRのような軌跡の白地図表示が出ない(途中でルートナビゲーションを起動すれば白地図可能)フル充電で土曜の朝に使い始めて1週間後の同じ時刻にバッテリー残量33%。USBコードで充電とデータの転送が同時に出来るのは良いですね。2とほぼ同じ感覚で操作出来ますけど!若干違う項目も見受けられたので説明書見ながら憶えていこうと思います。ただ初代のアンビットから値段の上昇が(^^;;それでも買ったからには使い倒すつもりです。機能は使いこなせていませんが、割とわかりやすいと思います。トレーニング用の時計としては合格です。今年はFENIX3やEPIXの日本語版が出るのが確実でAMBIT4も出るかもしれませんが今買っても損は無い商品と思います。念願のSUUNTOを購入できました!これからランニングやプールでの練習時に使用できます。ランニングではGarminのForerunnerシリーズを一貫して使用してきてFenixJも所有していますが、1週間使用した結果FR910XTからこちらに切り替えることにしました。GARMINと比べて高級感があり細部も丁寧に作られている印象、さらにはGPSの捕捉が早くて何よりもありがたいです。エクササイズから自動作成される3Dムービーは画期的。アンビット3は電話やメールの着信まで教えてくれるしアイフォンで簡単にデータのやり取りも出来て非常に満足です。アンビット2も愛用していますが、デザインが素晴らしかったので最新の3も欲しくなってしまい購入しました。バッテリーの稼働時間が長いのと、充電時間が短いのも助かります。1ヶ月も経たないうちに10秒も20秒もずれてしまうのはさすがに…これがアンビット3で改善されていれば良いのですが!GPSとかスポーツ向けの機能が強化されていても時計のほうが改善されているとはちょっと考えられないので!アンビット2と同じように狂いやすいのではと心配しています。デザインは!アンビットやアンビット2とほぼ同じキープコンセプトですが!アンビット1と比べて目盛?が無くなった分スッキリとした印象になりました。これでランニングに登山にトレイルランに重宝しそうですGPSウォッチはGARMINを3機種使ってきましたが!直近の機種が調子悪くなったためとウルトラトレイルの大会に参加するようになったため!長時間測定が可能のAmbit3 PEAK(HRM付)を購入しました。SUUNTO AMBITの初代からの買い換えです。バイクのツーリングのロガーとして使うのが主目的ですが、トレーニング主体のメニューなのでツーリングモードは自分で設定しました。大事に使っていきます。また!最近気づきましたが他の方もレビューに書いていたように!オフラインの時計精度はかなり悪い。まだ操作の作法が分からず試行錯誤です。どちらにしても使いこなすには習熟が必要。初代AMBIT以来のスント製品購入です。スントのT3Dから買い換えです。「時計・宝石のヨシイ」さんで購入しましたが!注文した次の日には届き!梱包も丁寧にされていて!大変良い買い物ができました。主人へのプレゼントに購入しました。ガーミンやエプソンも使いましたが、画面の見易さはガーミン910が一番ですがお洒落なアンビットが1番気に入ってます(o^∇^o)ノアンビット3購入早い対応で翌日にはつきました。